読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

人間の一生は、長いように見えてそれほど長くない!!

人間の一生は、長いように見えてそれほど長くない

 

 

人生80年と考えても、これを日数にすると2万9200日しかない。1日の3分の1は睡眠等で消費しているということは、実質的に活動できているのはたったの約1万9272日ほどである。

 

自分が、あと50年生きるとしても(103歳まで元気に生きる予定です)1万8000日なので、実質的に残り1万2000日ということになる!!

 

先日自分はSKG(スーパー・カッコイイ・じいちゃん)になるといったが、残りの人生をこのように具体的に数字(1万2000日)で見ると、俄然やる気が出てくるのと、逆に“何をしなければならないか”を明確にしていかなければ、このSKGを達成することが出来ないだろうと、深~~く考えるのです。

 

ここで大事(と思う)なのが、この残りの時間を他人に消費されない事、すなわち“自分のために消費すること”なのではないかと思うのです。

 

具体的に言えば、つまらないTV、娯楽やギャンブルなどに埋もれることなく(決して娯楽が悪いと言ってるわけではありません!)自分のやりたいことを優先して生きていく覚悟が必要なのでしょう!

 

とかく現代はお金や時間を浪費しやすい環境だからね~~!!

 

「人間の一生は、長いように見えてそれほど長くない」

 

忘れることの無いように生きていきます!!

 

では、また明日!!

 

by ジャスティス・蒔田