理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

“健康”ちょこちょこっとアドバイス。(お塩偏の続きでの~~11)

 

 

kazueiblog.hatenablog.com

 

前回↑からの続きです。

 

では今回は、それを医師の数と病人(患者)の数を相対的な図によって見てみましょう!!

まずはお医者さんの数

 

f:id:kazueiblog:20170331080325j:plain

 

1980年ころから右肩上がりで80’年から見ると、ほぼ倍増!

 

では病人(患者さん)と医師の関係は

 

f:id:kazueiblog:20170331080756j:plain

 

あれあれあれ~~~??

 

お医者さんの数が倍になってるのに、なんだか患者さんの数も倍になってるさぁ~~!(爆)

 

おいおい、それはどういうこと??

 

「いや、患者(病人)の数が増えたから医者も増えたんじゃないの?」

 

はい、それもあるでしょう!!

 

だがしかし、逆に言えば「医者の数が増えたから患者(病人)の数も増やさなけらば、医者(病院)は食っていけない!!」とも言えるのです!!

 

皆さんはこの医者と患者の関係の“奇怪な現象”をどう捉えますか?

 

卵が先なの?鶏が先なの??

 

ですから~、大事なのは考えるということでですから(笑)

 

ということで明日に続く・・・。

 

by ジャスティス・蒔田