読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

“健康”ちょこちょこっとアドバイス。(お塩偏の続き~~の5)

kazueiblog.hatenablog.com

 

前回↑の続きですが、では何故、国を含め医療業界は「減塩」「減塩」と叫ぶのでしょう!!

 

その前にこちらの↓図をご覧下さい!

 

f:id:kazueiblog:20170323173531j:plain

 

 

実は微量ミネラル群は人体において、拮抗作用と言って体内で新しい作用が働くのです(不思議ですね~~)

 

つまりチームワークで、人体に有効な働きをする、ということです。

 

で、結論から言いますが、そんな人体に必要なミネラル群を、海から作った“自然塩”は全て持っているのです。

 

ところがなぜかこの国の人々は、そんな大事な“自然塩”をほとんど取っていません。

 

まぁ、自然塩の大切さや必要性を知らない、知らされていないということもありますが、明らかに意図的に、「塩の本質」についての真実を隠しているようです。

 

 

ここには根深い「国と医療との関係が見え隠れしてる!」なんてまどろっこしい言い回しはやめて、はっきりと言っちゃいますね!!

 

 

結果的にですが、医療関係、及び国が「減塩」をリードすることで、病人を量産して“儲けてきた”ということです!

 

国民の健康よりも、経済や一部団体の利益のために、身体にとても良い“自然塩”より、塩味の化学物質である精製塩、化学物質を強制的に食わされてきたのです。

 

ここに気がつけば、「減塩」なんてものは、なんとも簡単な仕掛けですよね~~!

 

ということで、このシリーズはまだまた続きます~~~(笑)

 

by ジャスティス・蒔田