読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

“健康”ちょこちょこっとアドバイス。(お塩偏の続き~の4)

 

 

kazueiblog.hatenablog.com

 

 

前回↑からの続きでございます(笑)

 

みなさんも「心電図」という言葉は聞いたことはあると思いますが、私達の体内には医療も認めているように、微量な電気が流れています。

 

そして、その電流とは“電子の移動”です。

 

先ずは電気の流れを見てくださいまし!

 

 

f:id:kazueiblog:20170323155832p:plain

 

続いてこちら↓

 

f:id:kazueiblog:20170323160355p:plain

 

ではいったいどうやって、体内で電気が作られるのでしょうか?というところの答えが、上の図↑でございます。

 

で、何が言いたいかと申しますと、わたしたちの体内には電気が流れていて、繰り返しますがその電流とは「電子の移動」なのです。

 

体内の血流が悪かったりドロドロしてたりすると、この電子が生産されないことにつながり、「電子大好き」の“ミトコンドリア”が弱ってしまうのだそうです。(*ちなみに人間は60兆個の細胞の中に1京8000兆個のミトコンドリアがあります)

 

その人間の細胞内の“ミトコンドリア”が弱ると、ATP(アデノシン三リン酸)とういエネルギーの生産がうまくいかず、その結果、体調がすぐれなかったり、病気の元となるそうです。

 

それで前回お話したお塩ですが、そうです!そうなんです!!

 

ですから、電解質として必要なものの一つが“お塩”なんですね~~!!

 

「身体の生命維持&健康に必要なもの」の基本として、先ずは「水」と「塩」~~~~(叫)

 

こんなに大切な”お塩”なのですが、私たち国民はいかに簡単&単純にこの「減塩」というフレーズに踊らされているか、みなさんお気ずきになられましたか?

 

では「なぜ国や医療機関はそんなことするのか?」については、、、、次回です~(笑)

 

てなわけで、まだまだ続く~~!

 

by ジャスティス・蒔田