理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

おススメはいいけど、なぜ押し付けはうざいのか?

今日はどうでもいいような話をします(笑)

 

 

基本的なことだが、私たちは何か信念に基づいて生きていますね。

 

中には「信念のカケラもないような生き方」をしているように見える人でも、必ずどこかに信念は持っている(はず)。

 

みんな誰もが、そうして生きているのだと思う!

 

まぁ“信念”なんか、当の本人が勝手に貫けばいい話なんだけど、そこで終わりにしてしまっては、あまりに面白くないので、このまま続けます(笑)

 

だがしかし、そのような“信念” や “生き方” “考え方” を、お願いもしないのに、他人から押し付けられたとき、やや拒絶の心が芽生える!

 

でもコレって仕方ないよね~~!!

 

「いやいや、そんなことはない」って言う、神様、仏様みたいな人もいるかもしれないが、じゃぁ、素直な心でなんでも、相手の言うことを聞けばいいのかって言うと、当然そんな“単純”なことでもない。

 

良い事ならそれはそれで“良し”かもしれないが、もしもたとえば、お金の事やら人間関係のことで他人に騙されたら、結果損したら、いったい誰が責任を取ってくれるんでしょうか?ってこと。

 

ましてや、相手はまったく騙すつもりがなくても、結果的にそうなってしまったら~~!!

 

当然ながら、“自分自身”でその責任を取る形になる確立は高くなるし、仮に刑事的な事件になっても、それらが完全に相手側に責任を取らせることが可能かは分からないし、相手側が全く取らないことも考えられるよね!!

 

ましてや、起こってしまったことは、決して元には戻らない!!(泣)

 

つまり何が言いたいかって言うと、押し付けは「自分が正しい」と思うところから、始まるのだけれど~~だがしかし、その気持ちをちょっこし抑えて、“アドバイス” か “ヒント” または ”情報提供”くらいな感じが、相手側にはちょうどいいのかな!?

 

きっと話をする側も聞く側も、それくらいがちょうどいい距離感でしょうね!!

 

反省も兼ねてちょっと考えてみました。

 

 ではまた後ほど~~。

 

    by ジャスティス蒔田