読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

挨拶のあいは愛のあい、、、、、先ずは挨拶からさぁ!!

生き方

実は”挨拶”はそのものなんですっ!!

理由はその行為だけで他人を幸せな気分にさせることが出来るからです。


「世の中が悪い・・・」とか「社会が悪い・・・」とか、はたまた「政治が悪い・・・」「~~が悪い!!」などなど、みんな不満だらけの世の中でございます。

なぜか人間は自分が不幸であったり不愉快であるときは、素直に他人の幸せや喜びを素直に喜べませんよね~~!(そんなことないよ~~と言える方は、もうすでに仙人様ですね!)

以前にいじめ問題につて書かれた記事で小学校の教師が「小学校のいじめは親が原因」というのが目にとまり読んでみたところ「父親が会社の不満を妻にぶつける」→「妻は子供に不満をぶつける」→「子供が学校で不満をぶつける」→「結果イジメが発生する」という内容でした!

まぁ、全てがこの様な図式では無いにしろ、小学校の先生が言ってるいうことは、それなりの根拠があってのことでしょう!!


ところで皆さんは家族で朝の挨拶は交わしていますか!?

「当然交わしてる」という方から「たまに」または「時々」「全然」までいろいろあるでしょう!

そればかりか、中には「家族で挨拶なんていらない、、、する意味がない」という方もいるかもしれませんね!!

ちなみにわたくし蒔田は両親はもちろん、妻とは起きてからと店に出勤してから計二回「おはよう」と朝の挨拶をしています。(二回言う理由は、、、また後ほど(笑))


話は戻り、いじめの原因の一端が両親にあるとすれば、いじめ問題の解決はそんなに難しいことではないのかもしれません!

先ずは「~が悪い」「悪い~~が」と言う前に、家族だけではなく、または知り合いに限らずどんな人とでも(←ここ大事!!)分け隔てなくたとえば早朝のそうじのおばちゃんやおじちゃんに、
あるいは工事現場などで交通誘導をしているガードマンさんに、小走りで荷物を配達している宅急便のお兄さんに、コンビニやスーパーの店員さんに対しても、こちらから(←ここ大事もさぁ)気持ちよく挨拶をしたならば言われた方も気分が良くなり、世界はあっという間に平和になり、そして世界中の人々が幸せになるような気がします。(ちょっと強引ですが(^_^;))

大事なことは「そんなことをやっても意味がない」と言わず”出来ることを出来ることからやっていく”ということ!!

小さなことですが「挨拶のあいは愛のあい」を実践してまいりましょう!!


もっとも、こんな挨拶ごときの小さなことが出来ないで、幸せだの平和だの成功だの言ってる方が可笑しいけどね~~