読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

「高いから美味い!安いから不味い!」という発想から抜け出そう!!

ホリエモン「寿司職人が何年も修行するのはバカ」発言 数か月で独り立ちの寿司はうまいか?

http://www.j-cast.com/2015/11/02249615.html?p=all



「寿司職人が何年も修行するのはバカ」という発言だが、はっきり言って内容はどうでもいいのだが、肝心なことを言いましょう!!

いったい「バカ」というのはどのような定義なのか?

ただ単に頭が悪いことを「バカ」というわけでもないでしょう!!


わたくし蒔田の「バカ」の定義は「正しい判断ができないこと」となっております。

ですから世の中にはいろいろ「バカ」が存在してるということになります。

たとえば勉強が出来るバカ!!

運動が出来るバカ!!

先生やってるバカ!!

政治家やってるバカ!!

テレビに出てるバカ!!

と、まさにその種類だけ”バカ”が存在することになりますね!

ですからここでは「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言してる”バカ”がホリエモンということになります。

そしてこの発言を”良い”だの”悪い”だの、その話題に乗っかってる”バカ”が私たちなのです(笑)


実は私も高校を卒業してすぐに理容室に住み込みの修行をしまして、約5年間過ごしました。

そこで5年間働いてどれくらい技術が習得できたかというと、ほとんどシェービングのみ!!


ですからこのホリエモンの発言は”まんざら”でもないと思うのです!!

ただし、考えなければならないのは、誰もかれもが同じ条件で修行してるわけではないということです!!


よき環境で働けば何年も修行せずに技術を習得できるでしょう!

ましてやその本人にセンスがあれば数年で覚えられるでしょうし、逆にセンスがなければ何年勉強してもなかなか技術を習得できないこともあるでしょう!!



ちなみに私の場合、その最初のお店の店主がどうしようもないくらいの人格不適者でしたので、今でもそのお店で働いたことを後悔しています!

よくお客さんから「それがあったから今があるのでは!」と言われますが、確かに一理あるでしょうが、その店主は今でも超大嫌いですし、その人の葬式には絶対に行かないと決めています!

なので、それを乗り越えた自分と育ててくれた親に感謝していますが、その店主には露ほども感謝していません!!

 

当時の自分はそうとうな”バカ”だったということでしょう!!




ですから、このホリエモンの発言も角度を変えれば、あながち間違えでもないかも知れませんね!!


だがしかし、日本の職人という世界はそれは奥が深く、完成系がないのがこの世界ではないでしょうか!?

くるくる寿司と伝統あるすし屋さんを、同じレベルで考えるのはいかがなものでしょうかね?


また、私たち消費者(お客さん)も 「高いから美味い!安いから不味い!」または「安ければ何でも(どうでもいい)」という思考や発想から抜け出して欲しいと願う次第です。

もっとも「安いけど美味い!、高いけどまずい!!」ってお店は、案外多いんですけどね~~


今日も自分の”バカさ加減”に気がついた日でした!!