読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

ビジョン(未来像・理想像)を描くことは簡単なこと!…なのかな?!

よく「ビジョンを描こう」「夢を描こう」という。

それで個人がビジョンを描くことは簡単なこと!…なのかな?!

ビジョンは「未来像」とか「理想像」という意味。


で、結論から言うとさほど難しい事ではないので簡単だと思う。

だがしかし、まず考えて(知って)欲しいのがお金を中心とした考えでそのビジョン(年収や報酬額)を描くことは後に回したほうがいいと自分は思う。

なぜなら現在の日本社会では格差社会にすでに突入してるから、すでにお金持ちとのハンデ(キャップ)は大きいからね!

まぁ別にお金持ちになりたいが悪いわけではないけど、現実にはとても厳しいというわけだよね。

実際にブルームバーグは2013年5月、最高経営責任者と一般労働者の賃金格差は204倍になったと報道していたから、たとえば、年収500万円の賃金をもらっている労働者の204倍と言えば、10億2000万円になってしまう。

これが現実というやつだ!

そこに(お金持ちに)近づこうとすると並ならぬ努力か運は必要になりそうだよね!?


それなら生き方のビジョンならどうだろう!?仕事のビジョンならどうだろう!?

ならば遊びのビジョンは?

ほら、意外と結構簡単に描けちゃそうだよね~~。


「ビジョンはまず簡単なとこから描こう!」がイイのかな(笑)

そうやって一つひとつ出来ることから、出来そうなことからやっていければきっと大きなビジョンも描けるかもね!


あの野球選手のイチローでさえ3割はヒットで、7割は凡打なのだから、わたくしたちも先ずは3割程度のビジョン達成率でいいかもね~~

そうやって修正(反省)しながら、少しずつ達成率の確立を高めてまいりましょう!

わたくしたちは生きてる間は”人生の現役”ですから、まだまだこれからですよ~~