理・美容室を経営しながらお客様に健康に関しての啓蒙をし、“気付きと”と“学び”そして「続ける習慣」を提案していきます。

人は確かに何かに依存してます。だがしかし、“糖質依存”はよろしくない~!

先日「シュガー・ストレス」のお話をしましたが、同じようにこの“糖質依存”てやつも厄介です。

 

ラーメン大好き、パン食大好き、スイーツや甘いフルーツ大好きな方は、この“糖質依存”にかかってる可能性が大!!

 

これらは確かに砂糖などの直接糖とは違いますが、結局単なる炭水化物に過ぎず、栄養素と呼ばれるものは非常に少ないうえ、直接糖よりはましですが、当然ながら血糖の急激な変動をもたらします。

 

わたくしジャスティス蒔田は、朝食抜きの一日二食ですが、「朝食を食べないと力が出ない」とか言ってる人は、きっとこの”糖質依存”の体質になってるのでしょう!!

 

このまま、今まで通りに「一日三食」を貫き通して、一生を健康でいられる自信はありますか?

 

さぁ、あなたならどうする?

 

        by ジャスティス蒔田

 

 

 

 

 

 

おススメはいいけど、なぜ押し付けはうざいのか?

今日はどうでもいいような話をします(笑)

 

 

基本的なことだが、私たちは何か信念に基づいて生きていますね。

 

中には「信念のカケラもないような生き方」をしているように見える人でも、必ずどこかに信念は持っている(はず)。

 

みんな誰もが、そうして生きているのだと思う!

 

まぁ“信念”なんか、当の本人が勝手に貫けばいい話なんだけど、そこで終わりにしてしまっては、あまりに面白くないので、このまま続けます(笑)

 

だがしかし、そのような“信念” や “生き方” “考え方” を、お願いもしないのに、他人から押し付けられたとき、やや拒絶の心が芽生える!

 

でもコレって仕方ないよね~~!!

 

「いやいや、そんなことはない」って言う、神様、仏様みたいな人もいるかもしれないが、じゃぁ、素直な心でなんでも、相手の言うことを聞けばいいのかって言うと、当然そんな“単純”なことでもない。

 

良い事ならそれはそれで“良し”かもしれないが、もしもたとえば、お金の事やら人間関係のことで他人に騙されたら、結果損したら、いったい誰が責任を取ってくれるんでしょうか?ってこと。

 

ましてや、相手はまったく騙すつもりがなくても、結果的にそうなってしまったら~~!!

 

当然ながら、“自分自身”でその責任を取る形になる確立は高くなるし、仮に刑事的な事件になっても、それらが完全に相手側に責任を取らせることが可能かは分からないし、相手側が全く取らないことも考えられるよね!!

 

ましてや、起こってしまったことは、決して元には戻らない!!(泣)

 

つまり何が言いたいかって言うと、押し付けは「自分が正しい」と思うところから、始まるのだけれど~~だがしかし、その気持ちをちょっこし抑えて、“アドバイス” か “ヒント” または ”情報提供”くらいな感じが、相手側にはちょうどいいのかな!?

 

きっと話をする側も聞く側も、それくらいがちょうどいい距離感でしょうね!!

 

反省も兼ねてちょっと考えてみました。

 

 ではまた後ほど~~。

 

    by ジャスティス蒔田

 

 

 

 

日本人のもっとも危険な“思想”それは「集団主義」「全体主義」という概念!!

 

日本人はとかく“集団”が好きだ!

 

それをよく言えば“団結力”だろうし、一時期流行った“絆”とでも言うのかな!?

 

まぁ、日本という国の環境や、昔から続く大和民族的なDNAが、“集団”というものを好むかもしれないし、はたまた集団が出来れば、当然上下関係や利害関係、従属関係も出来てくるわけで、日本人の本脳や性格、または気質が、それ(上下関係、利害関係、従属関係)を望んでいるフシもありそうだ。

 

そればかりか、日本人同士がまたは日本国家によって、好んで集団化してるならまだしも、現在は終戦後から支配されてるアメリカによって、教育や思想まで管理され、その集団化や集団主義が、よりいっそう「堅固にされつつある」という感覚は、全く持ち合わせていないようです。(笑)

 

すなわち、このような集団的・全体的思想や思考が、戦争へと駆り出す可能性を、日本人である私たちが、ほとんど知らないという、、、なんともやるせない気持ちになる。

 

 

f:id:kazueiblog:20170307094347j:plain

f:id:kazueiblog:20170307094543j:plain

 

原発事故や地震などの自然災害があり、被災者が一時的に自主避難しようとすると「逃げた」とか「逃げるのか」と言って非難するそうだが、これなんかは典型的な“集団主義”や“全体主義”の考え方からなる、わたくし個人からすれば、非常に許しがたい発言である。

 

とにかく猿並み(お猿さんに失礼なので)いや、猿以下の思考しかない日本人は、たった今から、よ~~く考えることをお勧めします。(笑)

 

特にTVが大好きな日本人、TVの言うことを間に受けて信じ、疑うことを全くしない、お猿以下の日本人の方は、特に要注意人物!!と言っておこう。

 

なぜなら、本人は全く自覚はないだろうが、TVやメディアに“洗脳”されまくってるから!!(自覚がないから洗脳って言うんだけれどね~!)

 

 

もっとも自分自身は、この“集団主義”やら、はたまた“個人主義”などを、とやかく言うつもりはないんです。

 

ましてや、集団主義個人主義の“善悪”には、ほとんど興味がないのだけれど、だがしかし、上記↑のように、日本人の心の奥底にある“全体主義”や“集団主義”を装った、偽善者ぶりが大嫌いなのです。

 

実はそれが言いたかっただけでした(笑)

 

    by ジャスティス蒔田

 

 

「シュガーストレス」って聞いたことがありますか?

「甘いものが食べたくなり、イライラして気分が落ち着かない」

 

こういう状態を、「シュガーストレス」っていうそうです。

 

ちなみに、特に怖いのが、自分がイライラしてる原因が「シュガーストレス」って気が付いていない場合です!!

 

でもまぁ、なんでもかんでも“ストレス”ってつければ、いいもんでもないんですがね~~!(笑)

 

要は砂糖は“依存性”が高いということです!!

 

前回の記事にも書きましたが、砂糖は一種の「心の栄養」なんですが、取りすぎると「依存性」が高くなる代物!

 

よくあることかもしれないけど、何かの「ストレス発散」のために、甘いものを食べる。

 

で、毎日そのストレスを軽減するために、甘いものを食してると、結果的に依存症になり、甘いものを取らないと“ストレス”を感じる。

 

今度はその(シュガーストレス)ストレスを解消するために甘い物をさらに取る!!という“ドツボにはまる”というオチ!!(笑)

 

ストレスで甘いものが食べたくなるのか、甘い物を食べるからストレスになるのか?!、、、なんだかよく分からなくなるよね~~。(笑)

 

これが、甘い物の “甘い罠” となるんですね~~!

 

つまり“砂糖”というものは、絶対的に必要以上に(本当は必要ないのだが、、、)取らないことが、すごく肝心なのです!

 

すなわち、「砂糖=麻薬」 くらいの認識か必要なのです!

 

      by ジャスティス・蒔田

 

 

「一人の人間は一つの人生しか生きられないのです! 」ごもっとなお話です。

ごもっともなお話ですが

 

f:id:kazueiblog:20170305071923j:plain

「一人の人間は一つの人生しか生きられないのです! 喪黒福造 」

 

人間はすぐに「タラ・レバ」(こうしてたら、ああしてたら・こうすれば、ああすれば)と後悔するが、ほとんど意味のないことだとわかる。

 

肝心なのは「なぜそういう決断を自分はしたのか?」「そのような決断をした自分は何者」と自分自身を省みることが必要で、もし“誰かのせい” や “運が悪かった”となったら、もう即アウトかな!?

 

まぁ確かに「運」ももちろんあるけどね!

 

だがしかし、それ(運)のせいにしても、な~~んにも変わんないという“現実”に気がつかない限り、また同じことの繰り返しなんだよね!

 

すなわち人間は自分の「馬鹿さ加減」を知って“反省”しない限り、その日をただ生きる“サル”とあんまり変わらない、そんな生き物なんだよね~~(笑)

 

      by ジャスティス・蒔田

問題の解決において“二者択一”は人の思考をストップさせる愚かな行為!!

特に政治に関しての見解ではあるけど、

 

社会問題(だけとは限らないが)の解決に“二者択一”は、思考をストップさせる愚かな行為、、、とは思いませんか?!

 

あくまでも問題の解決の方策としてですが!

 

問題の解決にはたいがい多くの選択肢が用意されたり、もしくはそれの対策案として、いくつかの選択肢が出てくるのが普通。

 

または話し合いにより選択肢が作り出されるだろう(本来、国会のとは話し合いの場の筈だが)。

 

だがしかし、現在の日本社会の流れが、二者択一に操作されているように感じる。

 

そればかりか、その二者択一の選択肢さえ不可視にされ、いつの間にか重要課題が決まっていることもしばしば。

 

まだその選択肢に気が付いているならマシなほうだ!!

 

さらには、れらの社会問題さえ、表に出てこないこともしばしばだ。

 

とは言っても、それらの問題が問題視されない、私たち国民の“民度”の低さにも呆れるばかりなのだけれど、、、。

 

つまるところ、一人ひとりがそれに気がつかなければ、問題の解決の糸口さえ、たどり着く事はないだろう、、、。

 

繰り返すが“物事の解決”は決して「二者択一」でやってはいけないと思うのです。

 

なぜか? そこで“思考”がストップするからです!!

 

完璧な解決方法でなくても、必ず「ちょうどよい方法があるよ」ってことを、知っておいたほうがいいですよ~~って話でした。  

 

     by ジャスティス・蒔田

 

 

 

 

 

では、砂糖の問題は何が一番の問題なのか?

では、砂糖の問題は何が一番の問題なのか?

 

その問題の一番の問題は、“砂糖の危険性を知らずに食べたいだけ食べる”ことなのです。

 

砂糖は身体には一切必要のない食品です。

 

以前にも言いましたが「脳に良い」とか「筋肉に必要」というのは、半分本当であり半分嘘の、砂糖会社による実に巧妙な “宣伝” であり “洗脳” です!!

 

だがしかし、、、

 

砂糖は日常の食生活に大きな喜びを与えてくれたり、食生活そのものを豊かにしてくれることは、ほぼ間違いがないことです。

疲れているときに甘いもの食べたりすると、気分がホッとするし、おいしいものを食べると、なんだか幸せな気持ちになったりと、砂糖にはそういう役割があると思うのです。

 

ですから砂糖というのは、あえて言えば「心の栄養」と言えるのではないでしょうか!?

 

その“心の栄養”である砂糖も、過剰摂取していると身体を破壊していくことを、けして忘れることの無いよう、日々心掛けておきましょう。

 

最後にもう一度繰り返します。

 

砂糖の問題の一番の問題は、砂糖の危険性を知らずに食べたいだけ食べる” ことなのです。

 

特にお子さんには気を付けたいものです。

 

          byジャスティス・蒔田

 

炭水化物の糖類の種類と消化吸収の違いとその効果とは?

 

炭水化物の糖類の種類と消化吸収の違いとその効果とは?

 

f:id:kazueiblog:20170226072550j:plain

 単糖類とはいわゆる果物とか蜂蜜などと言われるフルクトース。

 

二糖類とは砂糖や水飴などのショ糖であるスクロースグルコース+フルクトース)。

 

最後に多糖類と言われてるのが白米(玄米)、麺類、イモ類、豆類どです。

 

で、その消化吸収のそれぞれの違いと、その効果といえば?

 

 

f:id:kazueiblog:20170226070338g:plain

 

↑このようになります!!

 

人間の消化吸収はゆっくりな方がいいと言われますが、そのポイントは血糖値にあります。

 

単糖類は血糖値が急激に上げることにより、身体に負担がかかります。

 

どんな負担かというと、まずインシュリンを出す“すい臓”が疲れます。

 

最終的には糖尿病を誘発させる原因になるというわけです。

 

それと以外に知られていないのが血糖値をが急に上がっても下がっても、体の中からミネラル奪われてゆくのです。

 

特に砂糖などの酸性の食品(食物)は体内で中和・消化されるとき、大量のミネラルやビタミンB1を必要とするのだそうです。

 

そして、血糖値が上がる時よりも、下がる時に多くのミネラルを失うのだそう!!

 

しかも、血糖値が急に上がりまた急に下がると(急に上がったものは急激に下がります)、車で言えば身体がすぐに「ガス欠」状態になるので、変わりにインスリンをドバドバ出してしまい、興奮状態になり睡眠障害を誘発したり、子供でしたら落ち着きがなく攻撃型の性格になったりと、良いことが何一つありません!

 

 

f:id:kazueiblog:20170226073344j:plain

 

このように単糖類は 、消化吸収が早いことにより身体に負担をかけ、病気の素を作ってしまう要素が多いといえます。

 

逆に多糖類などの食物は、ビタミン・ミネラル・繊維質により、消化・吸収をゆっくりとしてくれるので、身体の負担が軽くなります。

 

だがしかし、先ほどの多糖類ですが現在は精製されている食品が多いため、消化吸収を和らげる約目の“ビタミン・ミネラル・繊維質”が極端に少ないものが多く、一概に良いとは言い切れません。

 

なので、加工や精製をなるべくしていない植物や、そのままをまるごと頂く「ホールフード」 や「一物全体食(いちぶつぜんたいしょく)を心掛けると良いと思います。

 

ただ残念ながら現在の日本の農業は“農薬大国”なので、その一概に「ホールフード」 や「一物全体食」がよいのか?悩ましい部分でもあります。

 

さらに関東地区を中心に、日本の国土が放射能汚染にさらされてる問題も考慮しなければ、逆に「ホールフード」 や「一物全体食」が仇になりかねない、非常に深刻な問題なのです。

 

          byモリンガ・蒔田

ハンターマウンテン塩原でスキーを堪能してきました

実は先週もハンターマウンテンに来たのですが、そのときは曇りでした。

 

今日はピーカンでした~~。嬉しい~~~ヽ(*´∀`)ノ

 

f:id:kazueiblog:20170301073857j:plain     f:id:kazueiblog:20170301074111j:plain     f:id:kazueiblog:20170301074131j:plain

 

来週も行こうかな~~(笑)

 

 

学びと気づき、それは今やっていることの中にあり!!

学びは目から耳から入ってくる情報によるもの。

 

気づきは「今、自分は何をやっているのか」の中から生まれるもの。

 

それは実践や経験の中で得るからこそ、身に付くもではないのでしょうか!!

 

何事にもまず「やってみる」ことが大事だと感じる今日この頃です。

 

       byモリンガ・蒔田